人の話

スポンサーリンク
人の話

樹木希林の死に想う。死ぬことの潔さについて

宝島社の広告に樹木希林さんが起用されたのはほんの少し前だ。 「死ぬときぐらい好きにさせてよ」と衝撃的なコピーと共に、「死」を連想させるような写真が大変に印象的だった。 そんな樹木希林さんが去る9月15日に亡くなった。最後まで役者として映画に出続け、死ぬ間際の潔さは正直言って本当にかっこいいと感銘を受けた。 あまり人の死にどうこういいたくはないのだが、自分の「今」とあまりにも重なり、これを文書にせずにいられない自分がいる。 今回はかなり重たい内容。また、個人的な意見もふんだんに盛り込まれている。と、ここまで読んでいたたまれない人はどうかブラウザバックなりしてほしい。
人の話

このブログを書いてる人【管理人プロフィール】

はじめまして、当ブログの管理人の岩田と申します。少しお時間をいただきまして、私のことを少し紹介させていただきます。お付き...
人の話

クリエイターズFile.1【はろクリエイト 岩田武】

「クリエイター」とは何か?こんな命題があったとしましょう。僕の思うクリエイターとは、起業してる、していないに関わらず、誰...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました